ブランディングはドラマ

2日間のベーシックセミナーが終わった。

今回、意外に多かったBtoBビジネススタイル。


質問の多くは

「BtoBにブランディングは必要なのか?」

この質問が発生する背景は、

ー自分たちが何を売っているのか、わからなくなる傾向

ーなぜ、自分達が選ばれているのか?

ーそれは、バックグランドがしっかりしているから、資金力があるからなのか?

ーあるいは、長期のプロジェクトの場合になりやすく、多くの資金が動くため、潰れない会社が安全だからか?

ー何よりも歴史からくる安心感が必要だからなのか

という考えが想像される。


しかし、考えてみてほしい。

今、この記事をスマホやPCなど電子媒体で読んでいる。

例えば、インテル。

インテルは、基本的にPCメーカーに卸す会社。

それなのに、大量にCMを流し、あの独特の音と「インテル入ってる」が消費者の脳に深く刻まれている。

これは、なんとなく「インテル入ってると高性能」という刷り込みが、最終的に使用するエンドユーザーを教育させた一例である。

PCのデザインやスペックの細かいことはわからないけど、インテル入ってるとよく働くPCという、ざっくりとした印象をつけた例である。


つまり、BtoBの顧客が、直接的な法人ではないのだ。

最終的に、果てしなくBtoBtoBtoB・・・が続いたとしても、必ず、最後にCの存在がある。

そう、私たち消費者である。

BtoBばかり行っていると、商いをしていく上で、お金が支払われるシーンも目にしないし。

見たとしても、法人口座に支払われた支払い金額だけかもしれない。

お釣りを渡すこともないだろうし、経理部門でもない限り、自分で入出金を管理することもないだろう。

でも、必ず、そのお金は、どんなに遠くとも、個人の財布の中から巡り巡って、たどり着いた会社の利益が、あなたの給料として財布に到着しているのである。

そして、そのお金を、子供の教育費なら、学校や塾。

衣食住なら、その店舗。

店舗を運営する上で、そのスタッフ。

そして、商品を運ぶロジスティック。

その前に、商品を作る工場。

衣類や住居ならば、そのデザインをする人。

さらに、衣類ならば、次シーズンのトレンドを分析するマーケティングがいるのである。


BtoBの場合、ついついメールや会議のコミュニケーションになりがちで。

自分の目の前に表示されている、モニター上の仕事のメール文章だけにとどまりがちかもしれない。

ただ、世の中は、そのメールの文字の後ろに、もっともっと世界は広がっている。

今、目に映っている物の後ろに、そこに携わる、たくさんの人の物語と知恵。

そして「よくしてきたい」という想いがつながって、あなたの手元に届いている。


一つ一つ、全てにドラマが溢れている



閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示